【運転免許事典】



自動車の種類

道路交通法で規定された、運転するのに免許が必要な自動車の種類は次の通りです。
(原動機付自転車は自動車ではありませんが、運転に免許が必要なため加えてあります。)

●原動機付自転車 総排気量が50cc以下の二輪車など。
●小型特殊自動車 カタピラを有する自動車やロードローラなど特殊な構造の自動車で、次の条件の両方を満たすもの。
  • 長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.00m以下(ヘッドガード等により2.00m超2.80m以下である物を含む)のもの
  • 時速15kmを超える速度を出すことができない構造のもの
●普通自動二輪車 総排気量が50ccを超え400cc以下の二輪車(側車付きのものを含む)。
●大型自動二輪車 総排気量が400ccを超える二輪車(側車付きのものを含む)。
●大型特殊自動車 カタピラを有する自動車やロードローラなど特殊な構造の自動車で、小型特殊自動車以外のもの。
●普通自動車 小型特殊自動車・大型特殊自動車・普通自動二輪車・大型自動二輪車・準中型自動車・中型自動車・大型自動車以外の自動車。

(例)
  • 車両総重量が3.5トン未満で最大積載量が2トン未満の貨物車
  • 車両総重量が3.5トン未満で乗車定員が10人以下の乗用車
●準中型自動車  小型特殊自動車・大型特殊自動車・普通自動二輪車・大型自動二輪車・中型自動車・大型自動車以外で次のいずれかに該当する自動車。
  • 車両総重量が3.5トン以上7.5トン未満のもの
  • 最大積載量が2トン以上4.5トン未満のもの
●中型自動車 小型特殊自動車・大型特殊自動車・普通自動二輪車・大型自動二輪車・大型自動車以外で次のいずれかに該当する自動車。
  • 車両総重量が7.5トン以上11トン未満のもの
  • 最大積載量が4.5トン以上6.5トン未満のもの
  • 乗車定員が11人以上29人以下のもの
●大型自動車 小型特殊自動車・大型特殊自動車・普通自動二輪車・大型自動二輪車以外で次のいずれかに該当する自動車。
  • 車両総重量が11トン以上のもの
  • 最大積載量が6.5トン以上のもの
  • 乗車定員が30人以上のもの


トップページへ戻る